スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
完成見学会のお知らせ
2008/03/03(Mon)
完成

丘の上に建つ見晴らしの良いH様邸。
いたる所に、家族と作り手の思いを感じるあたたかく、かわいらしい家。
お誘い合わせの上、是非いらしてください。

完成見学会 日時
3月15日(土)、16日(日)
10時~17時
茨城県笠間市(詳細はメールやFAXでお知らせしますので、仲野工務店に問い合わせてください)
お問い合わせ先
仲野工務店


~HPへ~

スポンサーサイト
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
窯小屋の墨付け、刻み
2008/03/03(Mon)
窯小屋墨付け、刻み

自宅、細工場と施工が終了し、次は窯小屋の墨付けと刻みにとりかかりました。
自宅新築、細工場、窯小屋と、同じ大工さんが棟梁となって建てるので、Hさんも安心しています。
今、住んでいらっしゃる場所で最後の窯焚きの予定があるそうです。
その予定に合わせ、窯小屋の施工となりました。
予算を抑える為、既存のサッシを窯小屋に取り付けることになりました。
使用できる物は取り付けた方が、ゴミになりませんし、既存の物だと思い出もありますよね。
Hさんは、
「細工場も窯小屋もさら地にしないといけないので、細工場の壁を手板(作品を乗せる板)にしようかな。壁はベニアなので、使えますよね?サッシを取り外しちゃうと、細工場の中を片付けるのに寒いかな?」
「手板に使えますね。サッシは取り外したら、雨風をしのげるようにシートをはっておきますね」
と話をしました。
窯焚きをし、細工場の片付けをし、引っ越しの準備をしている奥さん。
引っ越しは楽しみではありますが、お体を壊しませんように。


~HPへ~

この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
窯小屋上棟
2008/03/10(Mon)
窯小屋上棟

窯小屋の刻みが終わり、先週、上棟しました。
加藤大工が他の現場などにかりだされていた為、棟梁の佐藤大工が1人で刻みをしました。
その後、加藤大工も加わり、屋根が張り終わり、順調に施工しています。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
手洗器のコーキング
2008/03/18(Tue)
コーキング

Hさんが洗面器と手洗器を手びねりで造りました。
造った時は穴は開いていません。
後から、石屋さんに穴を開けてもらい金具を設置しました。
大工さんが手洗器と台の隙間にコーキングをしています。
下に、水が落ちないようにする為です。
コーキングは一発仕上げ。
手を加えれば加えるほど、どうしようもなくなります。
緊張してコーキングしていた大工さんです。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
完成見学会
2008/03/19(Wed)
見学会

3月14日、15日と完成見学会をさせて頂きました。
Hさんが造られた花器をお借りして、花を活けました。
Hさんは時々完成見学会に足を運んでくださり、お客さんと話をしたりお菓子の差し入れをしてくださったり、本当に申し訳なかったです。
でも、これから新築をする方達は熱心にHさんの話を聞いていた姿を見て、こういう場を設けられて良かったと思いました。
そして、施工業者とHさんが施工中の話をできたこともです。
搬入のみにかかわった業者さんは、1度、現場に来ただけになってしまいます。
施主さんとも顔を会わさずに、どんなふうに完成したかもわからないままです。
見学会では、業者さんと施主さんが施工中の話や、これからのメンテナンスのことなどを聞ける場でもあって欲しいと思っています。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
玄関ドア
2008/03/27(Thu)
玄関ドア

完成したH邸の紹介をしたいと思います。
まず玄関。
パイン材横張りされたところは、施主さんが塗装しました。
緑色で塗装してあるところです。
それ以外の部分は漆喰で塗装をしてあります。
玄関ドアの取っ手は、施主さんが拾ってきた木を設置しました。
何本も拾ってきて、この木に決めたそうです。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
タイル
2008/03/28(Fri)
タイル

玄関には奥様が造られたタイルを張りました。
1つ1つ違う形のタイルです。
たたきは、コンクリートの上に水性の塗料で塗装しました。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
ニッチ
2008/03/28(Fri)
ニッチ

玄関ドアを開けると、正面にニッチがくるようにしました。
ニッチとはとは、壁を凹状にくりぬいて作られる棚のことです。
収納スペースとしてではなく、花や彫刻などを収めるための飾り棚として利用されます。
ニッチは玄関や廊下などによく設置されますが、もちろん部屋の中にも作ることができます。
ニッチの中にダウンライトをはめ込んで、まるで美術館のような雰囲気をただよわせることもできます。
H邸でもダウンライトを埋め込みました。
このようにニッチは室内をよりオシャレでクールな空間造り可能にする、素晴らしい『飾り棚』と言えます。
大工さんの手間がかかるので、いくつも造ると工事費が高くなってしまうので注意してくださいね。
ニッチは壁を壁を凹状にえぐって作るので、壁にある程度の厚みをもたせることが必要になります。
その為、ニッチが造られると部屋や廊下が若干ではありますが狭くなるというデメリットもあります。
H邸ではニッチの裏側は収納になっていて、ニッチの部分だけ凸状に出ています。

※工事中にいきなりニッチをつけることは難しい場合が多いので、ニッチを家に取り付ける際はプランニングの段階で計画的に取り付ける場所を決めておきましょう。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
Hさんの花器
2008/03/28(Fri)
ニッチ2

早速ニッチにHさんが造った花器をおいてみました。
ダウンライトを付けて撮ればよかったですね。
玄関が華やかになりました。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。