スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
細かい打ち合わせ
2007/10/02(Tue)
打ち合わせ

これから細かい打ち合わせを何度かしていきます。
建具をどうするか、高さはどのくらいか、天井は塗装するのか、ひとつひとつ部屋ごとに決めていきます。
昨日は、ご家族全員参加の打ち合わせでした。
長男君は、
「S.N邸と同じ薪ストーブが入るの?」
と聞いてきました。
「入れたかったんだけど、違うストーブにしたの。大人になったら自分で買ってね」
と言って皆で笑いました。
自分達で塗装しようかという話もでましたが、施工が冬になってしまうので左官屋さんに頼むこととなりました。
長男君はもう小学生なので、きっと沢山手伝ってくれただろうと思います。
他できっとお手伝いしてくれるでしょう。
洗面台は、陶芸家のHさん自身で造るようになっていたのですが、いろいろな問題があり断念しました。
水栓を選んでもらうのに、主人はピックアップしています。


~HPへ~


スポンサーサイト
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
設計士さんと打ち合わせ
2007/10/04(Thu)
打ち合わせ

設計士さんとも何度も打ち合わせをしていきます。
Hさんが内容を変更したのを伝えて、図面を起こし直してもらいます。
その間に、設計士さんからのアドバイスなどが入り、また話し合いました。

カタログなどを持って、Hさんのお宅に行きました。
水栓を選んでもらいます。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
換気扇の確認
2007/10/12(Fri)
打ち合わせ

現場が準防火地域に指定されているので、外壁材、換気扇など基準に沿っているか業者さんと確認しました。
業者さんの確認がおり、安心しました。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
材木市場へ
2007/10/12(Fri)
材木

取引を許可された建築業者しか入れない材木市場へ行きました。
月に何度か材木市というのがあり、材木を安く購入したり、他の建築業者さんとの情報交換、メーカーの新商品を見たりします。
材木市場の人に、
「この木はどうですか?値段はこれから変動ありますか?」
などと聞き、今購入すべきか、次回に購入すべきか考えます。
土台になる材木を購入しました。
上の写真が土台の材木です。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
天井下地
2007/10/12(Fri)
材木

天井下地となる材木も購入しました。
材木市場の人と木の程度を見て、決めました。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
棟梁との打ち合わせ
2007/10/16(Tue)
棟梁

H邸の棟梁は茨城県出身の人にお願いすることにしました。
主人より2つ年上で、大工の経験も長く、家具も造れる大工さんです。
CAD図面を見て打ち合わせです。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
墨付けの為の図面
2007/10/16(Tue)
墨付けの為の図面

CADで完成予想図を確認し、いよいよ墨付けの準備に入りました。
ベニア板に、いろはにほへと・・・と書きます。
この図面を基に、木に印を付け、柱が建っていきます。
木の納まりをどう付けるか、主人と話し合っていました。
「壁がこんな感じだから、こんなふうで」
「ここは遊んじゃっていいのかな?」
「この木は、抱かせて」
とか、私にはわからない話し合いが続きます。
棟梁は1人、図面をじっと見て、しばらく考え込んでいました。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
墨付け
2007/10/17(Wed)
墨付け

昨日から墨付けしています。
もう1棟、新築予定の現場があるので、機械がかちあわないように段取りをしました。
棟梁はまだ家1棟の墨付けができない大工さんと組み、教えながら仕事をしています。
大工仕事を教えるというのは、手取り足取りというわけにはいかず、棟梁の仕事を見て覚えろといった感じです。
「墨付けの前に日に、墨壺に墨を入れていくんだよ」
「かんなは、仕事前に研ぐ」
など棟梁と大工さんは休み時間に話をしていました。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
刻み待ちの材木
2007/10/22(Mon)
材木

墨で印が付けられた材木。
この印を見ながら、穴を掘ったり角を落としたり長さが揃えられたりします。
今日も墨付けが終わった材木が沢山でたことでしょう。
2人で墨付けをして、もう1人の大工さんが材木市場に主人が選んだ材木を取りに行きました。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
刻み開始
2007/10/24(Wed)
刻み

墨付けはもうすぐ終了する予定です。
残りの墨付けは棟梁が、墨付けされた材木は大工さんが刻みを始めました。
作業場が2つあるのですが、狭い方で刻みをしているので身長が高い大工さんはちょっと窮屈そうでした。
狭くても屋根があるので、雨が降っても仕事ができます。
天候に左右されることはないので、順調に進んでいます。
休憩中に棟梁が、
「H邸は景色がいいんだよ」
と、まだ現場を見ていない大工さんに話していました。
「上棟式が終わったら、霜が降る前に早く透湿シートを張ろう」
と言っていました。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
雨でも
2007/10/27(Sat)
刻み

今日は雨がやむことなく降っています。
墨付けが終わり、棟梁も刻みをしていました。
刻みが終わった材木が沢山積んでありました。
足下にはおがくずや、木の端などが落ちて、木の良い香りがしました。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
刻み8割方終了
2007/10/30(Tue)
刻み

「今、どのくらい刻みが終わったんですか?」
と聞くと、
「8割かな」
と大工さんが言っていました。
明日、現場に足場を掛ける予定です。
上棟式に向けての準備が始まります。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
足場設置
2007/10/31(Wed)
足場

刻みが終わった材木と、足場をトラックに積んで現場へと出発しました。
最初は主人1人で足場を組む予定だったのですが、棟梁と大工さん3人で組むそうです。
2階建てだとプロの足場屋さんに頼むのですが、H邸は平屋なので自分達で組みます。


~HPへ~
この記事のURL | 建築日記 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。